引っ越し後にすること

引越し後には、様々な手続きが必要となります。どのような手続きが必要なのかまとめました。

 

転入届け

他の市町村から引越してきた場合、転居先の市町村役場に転入届けを出す必要があります。
同市町村内での引越しでしたら転居届けを出します。住み始めた日から14日以内に行わなければならず、基本的には本人か世帯主が行います。何かしらの理由によって代理人が行う場合は、委任状が必要となります。

 

運転免許証の住所変更

運転免許証の更新期間中でしたら、更新と同時に住所変更を行うことができます。そうでなければ、転居先の警察署で手続きができます。手続きの際には、転居 後の住民票・免許証・印鑑が必要となります。運転免許証は様々な手続きの際に身分証明として使用されるので、できるだけ早めに手続きすることをおすすめします。

 

国民年金と国民健康保険の手続き

国民年金と国民健康保険の手続きは引越し後14日以内に行わなければなりません。
転居先の市町村役場での手続きとなりますので、転入届けと併せて行うことをおすすめします。その際に必要なのが、転出証明書・印鑑・国民年金手帳・国民健康保険証です。

 

水道・電気・ガスの利用手続き

水道は管轄の水道局に連絡します。引越しの事前に連絡しておくと、入居後にすぐ使用できます。一般的な賃貸物件であれば、電気はブレーカーを上げるとすぐに使用できます。

ガスは、ガス会社に連絡して開栓してもらう必要がありますので、キッチンのガステーブルの設置と併せてお願いしましょう。立会いが必要となるので、引越し当日に行えるよう手配しておくのがおすすめです。

 

 

引越しの際には、少しでも費用を抑えたいと安い引越し業者を求めて、ネットでランキングをチェックしたり、各業者を比較している方も多いのではないでしょうか。福岡県への引越し・福岡県外への引越し業者なら、当社にお任せ下さい。作業レベルの高いスタッフがお伺い致し、清掃・不用品処分・電気工事などを一貫して承ります。お見積もり無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。