ブログ

$logo_alt
2016年02月25日

引越し前に行うこと

引越し日程が決定したら、やらなければいけないことがあります。大変な引越しが少しでもスムーズに進められるようしっかり事前準備を行い、余裕を持っておくことをおすすめします。次の手続きは、引越し前に行うことをおすすめします。   住居解約手続き 新居が決まり次第、管理不動産に住居解約の連絡をします。住居解約の連絡をしてから1ヶ月は家賃が発生するのが一般的ですので、家賃の2重払いにならないようにできるだけ早めに連絡することをおすすめします。 現在の部屋を賃貸契約した際の規約に、住居解約の連絡期日などが明記されていることを確認すると良いでしょう。駐車場を借りている方は、同時に駐車場解約や車庫証明の移動手続きなども行いましょう。   インターネットの住所変更 最近では、すでにインターネット回線をつないでいる物件も増え、契約などが不要な場合も多く見かけます。もし各自で行う場合は、回線の種類にもよりますが 申し込みから2週間以上かかることが一般的です。新居ですぐに使用したい方や、仕事でどうしてもインターネット環境の整備が必要だという方は、早めの手続 きをすることをおすすめします。   郵便局へ転送手続き 重要書類やクレジットの請求書など、郵便物には個人情報が記載されている大切なものです。郵便局へ転居届けを出すと受けられるのが、引越し先への転送サービスです。 旧住所宛の郵便物などを1年間無料で新住所へ転送するサービスが利用できます。 最近はインターネットでの手続きができるようになっていますので、積極的に活用するのがおすすめです。     福岡から県外へ、県外から福岡へお引越しの際はぜひ当社をご利用下さい。東京・大阪・熊本・沖縄と福岡間の引越し料金の見積もりをお調べの方も、当社のホームページの情報をお役立て頂けます。引越しで発生する掃除や、関係する電気工事・不用品処理も承ります。 まずはご相談下さい。お見積もりなどのお問い合わせも、お気軽に受付センターまでお電話下さい。

$logo_alt
2016年02月23日

不用品を見極めるコツ

引越しの際は、できるだけ荷物をコンパクトにまとめた方が運ぶ負担や手間が減りますし、引越し費用も抑えることができます。しかし、まだ使用できるものを不用品だと判断するのは難しいことです。そこで、まだ使用できるものでも不用品と判断するコツを紹介します。   洋服 引越しの荷造りをしていると、思った以上に洋服が多くてビックリしたという声をよく耳にします。家族が多くなればなるほど、洋服の量は増えていきます。洋 服を処分するコツは、「前シーズンで1度も着なかったものは今後も着ない」という基準で判断することです。気に入っているものや思い入れのある服でも、着 る可能性がないものは不用品として判断できます。   家具 サイズの合わない家具をムリに配置すると、部屋の使い勝手が悪くなってしまうことがあります。新居の室内に合わないサイズの家具は、不用品と判断しましょう。工夫しなければ活用できないボックスなどは、使い勝手の良さから手放すタイミングを逃してしまいがちです。 現時点で使い道のハッキリしない家具は、工夫するまでに時間がかかり、その間に保管しておくことで片付けに支障をきたす可能性もあります。   電化製品 引越しを機に、古い電化製品を処分して新しいものを購入する方は多くいらっしゃいます。 日常使いする機能のうち、1箇所でも使用できない部分があるものは買い換えてしまう方が良いかもしれません。 特に油汚れの影響を受けるキッチン製品は、新居に持ち込むための掃除にも手間がかかってしまう可能性があります。また、ホットプレートなどの調理家電で使用頻度の少ないものも不用品として判断しましょう。     粗大ゴミや家電リサイクル品などは、ほとんどの地域・自治体で回収日が少ないことが多く、必要な連絡や手続きなどがあります。不用品として、引越し当日に回収依頼できれば便利ではないでしょうか。福岡市の当社では、格安引越し・配送に合わせて家電回収や不用品回収も承っております。 引越しを機に、心理的な効果が評判の「断捨離」に挑戦してみようとお考えの方も、ぜひ当社の引越しサービスをご利用下さい。迅速・丁寧・低料金でまごころを込めた作業で、スムーズな引越しと不用品回収を行います。

$logo_alt
2016年02月22日

引越し前に確認したい家具・家電

引越しには運搬する際に注意が必要だったり、事前に準備が必要なものもあります。こちらでは、その中でも特に注意すべき大型家具、家電を紹介します。   冷蔵庫 引越しの際には、冷蔵庫の中身が空になるよう1週間ほど前から計画的に食材を使用することをおすすめします。短距離の引越しでしたら食材をクーラーボックスなどに入れて保管することができますが、できるだけ少なくなるようにした方が良いです。 引越しの前日には電源を切って、冷凍庫内の霜がとけるようにします。霜がとけきらないうちに運搬してしまうと、運搬中に霜がとけてしまい他の荷物が水浸しになってしまうことがあるので注意が必要です。   洗濯機 引越しし前日までに洗濯機の水抜きを終えておきましょう。水道栓を閉めて洗濯機のスタートボタンを押すと、ホースの水が抜けます。ホースの水が抜けたこと を確認し、給水ホースを外してから電源を切ります。次に、電源を入れて脱水のみをして、洗濯機内部の水を抜きます。脱水が止まったら排水ホースを外して水 抜きは完了です。   ベッド ベッドやマットレスは、玄関やエレベーターに入らない場合があります。そういった場合はクレーンを使って窓から部屋に入れなければなりません。事前にベッ ドやマットレスの大きさをはかって、新居に入れることができるかどうかの確認をすることをおすすめします。場合によっては、運搬するよりも買い替えたほう が良いこともあります。     このように引越し時には様々な注意点があります。これら引越しをする予定がある方は、注意点を意識しながら荷造りをすることをおすすめします。福岡市近辺の大型家具配送や家電の配送でしたら、当社にお任せ下さい。一人で運ぶことが難しい家具や家電はぜひプロにお任せ下さい。県外への配送も承りますので、お気軽にご相談下さい。

$logo_alt
2016年02月11日

家具保管サービスを利用してシンプルな生活をおくろう

最近は必要以上に物をもたないミニマリストを目指している方が増えています。こちらではミニマリストを目指す方にもおすすめの、シンプルな生活を送るためのコツをご紹介いたします。   ミニマリストとは ミニマリストとは、最小限主義者のことをいいます。必要以上に物をもたずに、楽しめる時間や空間を大事にすることがミニマリストの生活とされています。不要なものを処分し、大切なものを見極めてもつことで、シンプルな生活をおくることができます。   ムダな家具を省こう シンプルな生活を送るためには、不要なものを見極める必要があります。洋服、食器、雑貨など、使っていないものがいつのまにか部屋にあふれていませんか。次々と増えるのを認識しながらも、なかなか捨てられないという方もいらっしゃるでしょう。 しかし、使わないものを部屋においていてもスペースを占有してしまうだけです。実際に使用していないもの、不要なものは思い切って処分してしまうことも大切です。   家具保管サービスを活用しよう 上記で使用していない家具を処分することをおすすめしましたが、中には思い出の品や、愛着のある家具を処分することが心苦しいという方もいらっしゃるで しょう。そのような時は、家具保管サービスを利用してみませんか。使っていない家具を一時的に住まいから省くことで、本当に必要かどうかを見極める時間を 得ることができます。     福岡市近辺の家具保管サービスをお探しでしたら、ぜひ当社にお任せ下さい。当社 は、格安引越しや不用品回収、ハウスクリーニング、電気サービスなどを承っておりますが、家具保管サービスもお受け致します。一時的な家具保管、建て替え やリフォームの際の家具預かりなどを致します。家具保管サービスのご利用をご検討されている方は、お気軽にご相談下さい。

$logo_alt
2016年03月10日

サンプラネットのホームページをリニューアルしました。

サンプラネットのホームページをリニューアルしました。